キャリア教育実施にあたって

英進館では2008年に「10年後、なりたい自分になる」をキャッチフレーズにキャリア教育をスタートしました。今年も夏期講習よりスタートして参ります。英進館の教育理念は「自立した社会人の育成」です。英進館に通う子どもたちは、中学受験・高校受験・大学受験など様々なステージで研鑽を積み、一生懸命努力した結果、志望校に合格していきます。志望校合格のその先で自ら主体的に進路を決定できるような人になってもらいたい。そんな想いでキャリア教育を実施しています。

今年は、徐々に明らかになりつつある教育改革の中身について、その教育を受ける立場のお子様たちに分かりやすくお伝えするキャリア教育を実施します。受験の仕組みや試される力が変わります。その内容をしっかりと把握し、日々の取り組みに繋げることが、夢の実現への大きな一歩となります。

大きく変わる大学入試制度

「(中略)確実に言えるのは、先行き不透明の時代であるからこそ、多様な人々と協力しながら主体性を持って人生を切り開いていく力が重要になるということである。また、知識の量だけでなく、混とんとした状況の中に問題を発見し、答えを生み出し、新たな価値を創造していくための資質や能力が重要になるということである。」と高大接続システム改革会議は、平成28年3月31日発表の最終報告書の冒頭でこれからの時代について述べています。

英語の多技能を評価する問題の導入

同会議は、同じ報告書の中で、『「大学入学希望者評価テスト(仮称)」の英語については、高大接続改革答申や「英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会」の議論を踏まえ、今後、「話すこと」「書くこと」「聞くこと」「読むこと」の評価を推進する。このような観点から、その具体的な在り方について、民間の資格・検定試験の知見の積極的な活用の在り方なども含め検討する必要がある。』と述べています。

大学入学者選抜改革(予定)

英進館キャリア教育2016年度カリキュラム
(予定です。テーマが変更になる場合があります。)

中1・2生

夏期
中学時代にしておけば良かったこと
今春卒業した現高1生の先輩たちのアンケートの内容を伝えます。公立高校入試直後に書かれたアンケートからは、今後の生活の過ごし方を考えさせられることが多くあります。
9月
英進館流・超勉強法!
5教科で実践してほしい勉強方法を伝え、日頃の勉強にすぐに活かせるようにします。
10月
英語教育改革
2020年を目指し、めまぐるしく変化する英語教育の内容を学びます。
12月
2020年の大学入試問題とは!?
2020年大学入試改革によって、大学入試問題はどのように変化するのでしょうか。予測される問題にチャレンジします。今後、求められる能力について、一緒に考えていきます。
冬期
技術革新とこれからの仕事・求められる能力
10年~20年後に約50%の仕事が機械化・オートメーション化され仕事がなくなると予測されます。大人になったときに直面する問題を頭の片隅に置き、「人間として必要な力」を考える機会にします。
2月
大学入試改革
文部科学省が設置している「高大接続システム改革会議」の最終報告を中心として、中1生・中2生の皆さんに知ってほしい大学入試改革の内容を伝えます。

中3生

夏期
自分の勉強方を教えあう・共有する
アクティブ・ラーニング的手法を用いて、「効果的な勉強の仕方」について友人と意見交換し、新たな視点を得ます。「デキル友人に学ぶ!」ことで意欲向上を図ります。
9月
志望校決定の仕方
志望校決定に悩み始める時期です。自分の成績のみならず、その後の大学進学、さらには将来の職業選択まで視野に入れることで、「なぜその高校を志望するのか」という気持ちを確かなものにします。
10月/11月
リアル大学生活 / リアル高校生活
現役大学生や高校生の話から、自分の志望校への思いを高めるとともに「中学時代にやっておけばよかったこと。やっておいてよかったこと」など、より具体的な内容を盛り込みます。
1月
大学入試の現状 / 英進館高等部の説明
2020年度より始まる大学入試改革。その内容をお伝えするとともに、第一志望校合格後の高校生活を成功させる学習法として、英進館高等部の内容をご紹介いたします。
2月
ラスト30日の指導
いよいよ入試本番!最後の総仕上げカリキュラムをお伝えし、「大激励会」を通じて、「最後の1秒まであきらめない!」「絶対に合格する!」気持ちを、友人や教師と共有します。